ここから本文です

仏がイングランドに逆転勝利 テロ犠牲者へ思いをはせ『oasis』の名曲で入場/国際親善試合

6/14(水) 17:18配信

ISM

 現地時間13日(以下現地時間)にフランスとイングランドによる国際親善試合がパリで行なわれ、フランスが3対2で勝利した。

 両チームの選手、サポーターたちは試合前、マンチェスター出身の英バンド『oasis』の“Don't Look Back in Anger”で入場し、先日発生したマンチェスターとロンドンでのテロ事件で犠牲となった方に思いをはせた。

 素晴らしい雰囲気の中で始まった試合は、9分にケインのゴールでイングランドが先制する。しかしフランスもすかさず反撃。22分にセットプレーからウムティティが同点弾を挙げると、43分にはシディベのゴールで逆転し、フランスがリードを手にして後半に入る。

 だが後半立ち上がりの47分、ヴァランがエリア内でアリを倒して一発退場に。これで与えたPKをケインに決められ、再び同点となる。それでもホームのフランスは、78分に見事なパスワークからデンベレが決勝弾を挙げ、シーソーゲームを制している。

 9日に行なわれた2018年W杯欧州予選のスウェーデンとの天王山で敗れ、グループA2位に転落したフランスは、8月31日にW杯予選でオランダと対戦。グループF無敗で首位を走るイングランドは、9月1日にマルタと対戦する。

最終更新:6/14(水) 17:18
ISM