ここから本文です

<米戦略機>英にB2爆撃機を派遣 欧州に全機種そろい踏み

6/14(水) 11:16配信

毎日新聞

 【ワシントン会川晴之】米国防総省は13日、B2戦略爆撃機を英国に派遣し9日に到着したと発表した。すでにB1、B52爆撃機を派遣、米軍が保有する3機種すべての戦略爆撃機が史上初めて欧州に同時展開した。北大西洋条約機構(NATO)諸国との合同軍事演習に参加する。

 NATO諸国では、2014年3月のロシアによるウクライナ南部クリミアの一方的編入や同国東部で続く親露派勢力と政府軍の紛争を受け、ロシアの軍事的介入への懸念が深まっている。米軍は、すべての戦略爆撃機を同時展開することで、米軍の抑止力と機動力の高さを見せ、同盟国に安心感を与えるとともに、ロシアをけん制するのが狙いと見られる。

 3機種の戦略爆撃機が同時展開したのは、昨年の米軍グアム基地以来。この時は、核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制するとともに、日韓両国など東アジアの同盟国に米国が地域の安全保障に強く関与している姿勢を見せることに力点が置かれた。

最終更新:6/14(水) 11:44
毎日新聞