ここから本文です

<福岡・豊前>目指せ日本一の「アジサイランド」

6/14(水) 12:36配信

毎日新聞

 福岡県豊前市の枝川内(えだがわうち)集落で、住民が育ててきたアジサイ約1万5000株が今年も見ごろを迎えた。遠方からも見物客が訪れており、人口約40人の限界集落がこの季節限りのにぎわいを見せる。住民の夢は10万株まで増やし、枝川内を「日本一のアジサイランド」にすることだ。

 枝川内集落は豊前市役所の南西約12キロの山あいの里。かつては百数十人が暮らしていたが、若者の多くが職を求めて集落を出た。現在の人口は往時の3分の1。ほとんどは70代以上だ。

 衰退する枝川内を活気づけようと、住民らがアジサイを植え始めたのは16年前。毎年1000株前後を植え、見ごろとなる6月半ばには「あじさい祭り」を開いて見物客をもてなしてきた。

 前区長の枝光博昭さん(75)は「アジサイの世話を通じて住民同士の絆も強くなった。祭りの時期には集落を出た若い世代も手伝いに帰ってきてくれる」と相好を崩した。【津島史人】

最終更新:6/14(水) 15:06
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ