ここから本文です

Creative、ESS Sabre DACを搭載したPCIe x1サウンドカード「Sound BlasterX AE-5」

6/14(水) 9:35配信

Impress Watch

 Creative Technologyは12日(米国時間)、ゲーマー向けのPCI Express x1接続のサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 サウンド/DSPプロセッサは既存の「Core3D」を踏襲するが、DACとしてESS製のハイエンドモデル「ES9016K2M SABRE32 Ultra DAC」を採用。再生サンプリングレートは32bit/384kHzまでをサポートし、DNRを122dBまで高め、歪率を0.00032%に抑えた。

 ヘッドフォンアンプは「Xamp」と呼ばれるディスクリートのカスタム回路を採用。WIMAのフィルムコンデンサとデュアルアンプデザインにより、高解像度オーディオを実現。インピーダンスが16Ω~600Ωまでのヘッドフォンを完璧にサポートするという。

 サウンドカードとしては初めてRGB LEDによるイルミネーション機能「Aurora Reactive Lightning System」を搭載。基板上のLEDの発光のみならず、別売りのLEDテープを最大4本まで接続可能で、それらをまとめて「Sound Blaster Connect」ソフトで発光パターンや色を制御できる。

 このほか、音で敵の位置を判断してレーダー上に表示させる「Scout 2.0」ソフトウェア、最大5.1chまでの出力のサポートなどが特徴。

 米国のCreativeの直販では7月より発売予定で、価格は149.99ドル。10個のLEDを埋め込んだ30cmのLEDテープが1本付属。さらに、直販限定モデルとしてカバーを白に変え、LEDテープを4本付属した「Sound BlasterX AE-5 Pure Edition」を米国で8月に発売する。価格は179.99ドル。

PC Watch,劉 尭

最終更新:6/14(水) 9:35
Impress Watch