ここから本文です

サッカー=ロナルド、脱税疑惑を否定

6/14(水) 11:26配信

ロイター

[マドリード 13日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードに所属するクリスティアノ・ロナルドは13日、1470万ユーロ(約18億円)の脱税容疑で起訴されたことを受けて、税務署に収入を隠していたことや、脱税をしたことは一度もないと疑惑を否定した。

スペイン検察当局は、ロナルドが2010年に立ち上げた企業を使い、2011年から2014年にかけて肖像権による収入を隠蔽したと発表した。

これについて、ロナルドは代理人を通じて「脱税計画など存在しない。何も隠していないし、隠そうとしたこともない」と表明した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/14(水) 11:26
ロイター