ここから本文です

【Girls S―cup 2017】猛女ガルシアがシュートボクシング参戦

6/14(水) 16:45配信

東スポWeb

 立ち技系格闘技「シュートボクシング(SB)」は13日、「Girls S―cup 2017」(7月7日、東京ドームシティホール)に“猛女”ギャビ・ガルシア(31)が参戦すると発表した。

 今大会にはSBの“絶対女王”RENA(25)がレギュラー参戦している総合格闘技イベント「RIZIN」が協力。その一環として、最強柔術女王のガルシアがSBルールにまさかの初挑戦となった。

 猛女をSBに送り込む形となるRIZINの榊原信行実行委員長(53)は「圧倒的な強さを見せてほしい。打撃もかなり成長している。世界最強の“猫パンチ”はSBでも通用すると思う」と期待を込めた。

 とはいえ、大きなチャレンジだ。SBルールでは投げ技やスタンドの関節技こそ認められているが、寝技は一切禁止。柔術家のガルシアにとって最大の武器を奪われることになる。それでもガルシアはこのオファーを受けた際「OK。やるわ」と即答で引き受けたというから驚きだ。

 気になる対戦相手についてSBのシーザー武志会長(61)は「今、一生懸命(相手探しを)やっています。いろんな角度から集めていますんで」ときっぱり。榊原委員長は「総合でギャビに勝つのが難しくても、SBルールならば勝てる可能性は高まるでしょう。逆に“我こそは”と思う女性格闘家や女子プロレスラーがいれば、シーザー会長に連絡してほしい」と呼びかけた。

 7月30日のRIZINさいたまスーパーアリーナ大会の出場も濃厚な中、果たして猛女はSBのリングでどんな戦いを見せるのだろうか。

最終更新:6/14(水) 17:28
東スポWeb