ここから本文です

田口良一が7月にV6戦 田中恒成との統一戦も見据える

6/14(水) 17:33配信

東スポWeb

 ボクシングのワタナベジムは14日、同ジムに所属するWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30)が、7月23日に東京・大田区総合体育館で、同級1位の指名挑戦者ロベルト・バレラ(24=コロンビア)を相手に6度目の防衛戦を行うことを発表した。

 昨年大みそか以来の試合となる田口は「少し間隔が空いてしまったけど、いい内容で勝って田中選手(恒成=WBO同級王者)との統一戦につなげたい」と意気込んだ。

 先週まで5泊6日の走り込みキャンプを実施。「内山(高志)さんも来てくれて、監督的な感じで追い込んでくれました」と充実した練習ができたことを明かした。

 当日は、東洋太平洋ミニマム級王者・京口紘人(23)がIBF同級王者ホセ・アルグメド(28=メキシコ)を相手に世界初挑戦することも決定。また元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(36)が、昨年12月30日にWBO世界Sフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)にTKO負けして以来の再起戦を行うことも併せて発表された。

最終更新:6/14(水) 17:33
東スポWeb