ここから本文です

Instagramに公開した画像を削除せずに非表示にできる「アーカイブ」機能

6/14(水) 11:25配信

ITmedia NEWS

 米Facebook傘下のInstagramは6月13日(現地時間)、一度公開した画像を非表示にする新機能「アーカイブ」を発表した。iOSおよびAndroidのバージョン10.21から利用できるようになる。

【その他の画像】アーカイブ方法

 これまでは、公開した画像を非表示にするには削除するしかなかったが、アーカイブすれば自分だけに見えるよう保存できる。付けられた「いいね!」やコメントも一緒に残せる。

 例えばパーティーでのはしゃぎすぎた写真や別れてしまった人との写真などをアーカイブするニーズがありそうだ。

 アーカイブするには、プロフィールでアーカイブしたい画像を表示し、右上のメニューアイコンをタップすると表示されるメニューで「アーカイブ」を選ぶだけ。アーカイブした画像はプロフィールの右上に追加された矢印アイコンをタップすると表示できる。一度アーカイブした画像は右上のメニューアイコンをタップすると表示されるメニューで「プロフィールに表示」をタップすると再公開される。

 Instagramでは米Snapの「Snapchat」のように消える写真を投稿することもできるが、それでは投稿後、投稿したユーザーも見ることができない。アーカイブであれば期間限定で公開し、その後非表示にするという使い方も可能だ。

最終更新:6/14(水) 11:25
ITmedia NEWS