ここから本文です

途中出場の倉田秋が挙げる「しんどくなった」要因…「いい感じで我慢できていたのに」

6/14(水) 4:24配信

GOAL

2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選で日本代表はイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。試合後、日本代表MF倉田秋が試合を振り返った。

美しすぎるサッカー女子たち!日本&海外のかわいい女の子、あなたの好みは?【88枚】

倉田は62分、FW原口元気と交代でピッチに入った。トップ下での起用となったが「練習でもトップ下でやっていた」と明かす。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から受けた指示については「相手の21番が結構効いてボールをさばいたので、21番をしっかり見て、攻撃では前で起点となったり、前にボールを運んだりしてくれと言われた」と説明した。

倉田によれば、イラク代表は気持ちこそあったが、相当にバテていたようだ。「前には行けるけど、後ろには付いてこられないイメージ」と振り返り、「もうちょっと、うまいことボールを回したかった」と反省する。一方、日本の先発メンバーも「相当疲れがたまってるし、相手も激しく来ていたので、痛めてるメンバーも多かった」ようだ。「その分、自分が守備や攻撃で埋められたら」と悔いた様子を見せた。

失点については「いい感じで我慢ができていたので、もったいなかった」としつつも、「相手も疲れていて、後半も何本かチャンスがあった。そこで2点目が取れなかったことが、しんどくなった原因かな」と、追加点を挙げられなかったことが苦戦の原因との考えを示した。

GOAL

最終更新:6/14(水) 4:24
GOAL