ここから本文です

韓国サッカー協会 あすにもシュティーリケ監督の去就決定

6/14(水) 14:48配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】大韓サッカー協会は早ければ15日にも技術委員会会議を開き、サッカー韓国代表のシュティーリケ監督の去就について議論する予定だ。

 今回の会議は、日本時間の14日午前に行われた2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のカタール戦の評価が目的ではあるが、その中身はシュティーリケ監督の更迭に向けた手続きに近い。

 技術委は、3月に開かれたW杯最終予選の中国戦とシリア戦での韓国代表の競技力不振を受け、シュティーリケ監督の更迭について議論したがカタール戦まで見守る方針を示していた。

 しかし、カタール戦は2―3で敗北し、韓国の9大会連続W杯出場に暗雲が立ち込め始め、シュティーリケ監督の更迭を先送りできない状況となった。

 サッカー協会の関係者は「韓国は辛うじてA組2位を守ったが、シュティーリケ監督が見せた試合内容では本大会に進出したとしても競争力を備えるのは難しいのではないかという雰囲気が漂っている」と述べた。

最終更新:6/14(水) 15:15
聯合ニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ