ここから本文です

米議員が「covfefe法」提出、大統領のツイートは公文書扱いに

6/14(水) 14:10配信

ロイター

[ワシントン 12日 ロイター] - 米民主党のマイク・クイグリー下院議員(イリノイ州)が12日、トランプ大統領が意味不明の単語をツイッターに投稿して削除した一件を受け、ツイッターなどソーシャルメディアへの大統領の投稿を公文書として保管することを義務付ける法案を提出した。可決されれば、大統領はツイートの削除を禁止されることになる。

クイグリー議員は声明で「大統領がソーシャルメディア上で突然、公共の政策を発表するのであれば、そうした書き込みが確実に記録され、将来参照できるよう保管される必要がある」と述べた。

この法案は、「多様な電子的手段による職務上の通信(Communications Over Various Feeds Electronically For Engagement)法」で、頭文字を取ると大統領が削除した謎の単語「COVFEFE」となり、通称「COVFEFE法」と名付けられた。

スパイサー大統領報道官は先週、トランプ氏のツイート投稿は「米国大統領による公式発言とみなされる」と述べている。

トランプ大統領は投稿回数が多いが、綴りや文法の間違いから憶測を呼ぶことがあり、削除されることもある。このため、削除された投稿を保存するサイトも出ているという。

最終更新:6/14(水) 14:48
ロイター