ここから本文です

歌丸 退院し即仕事復帰 落語はできず、謝罪「呼吸器の方がまだ…」

6/14(水) 14:32配信

デイリースポーツ

 今月2日から左肺炎慢性呼吸不全の急性増悪のため、横浜市内の病院に入院していた落語家の桂歌丸(80)が14日、退院し、同市の神奈川県民ホールで行われた春風亭小朝(62)との落語会「特選 匠の噺会」に出席。「呼吸器系の方がまだ完全に治っておりません」ということで、落語は披露しなかったが、観客に謝罪とあいさつを行い、仕事復帰を果たした。体重は「35キロ」だという。

【写真】歌丸 36キロまで激ヤセも…目標は笑点メンバーの「葬儀委員長をやること」

 歌丸は会の冒頭、着物姿ではなく私服のカーディガン姿で、高座の前に設置されたイスに座って登場。鼻には酸素吸入のチューブを入れた状態ながら、はっきりとした声で「このたびは、お客さまを始め、関係各位の皆さま方に大変なご迷惑をお掛けして、何とも申し訳がないと思っております」と謝罪した。

 その上で「本来でございますと、今日も着物を着て、高座の上からお客さま方に一席聞いていただかなければいけないんですが、肺炎は良くなったんですが、呼吸器の方がまだ完全に治っておりませんで、ちょっと息苦しゅうございます」と、まだ落語ができる状態ではないことを説明した。

 約10分にわたるあいさつでは、落語の「枕」のような笑い話も次々披露。「正直言いますと、1時間半前に退院して参りました」と明かすと、客席からは笑い声と拍手が起こった。病状を「誤嚥性の肺炎でした」とし、さらに包帯を巻いた左手首を見せながら、入院中に寝返りを打とうとして手をついた時に痛めたと説明。体重については「みっともなくて、今の目方なんてはっきり申し上げられません…。35キロなんて言えません」と、最近恒例となった“ネタ”の形で告白した。

 終演後には、待ち構えた報道陣に対応。体調については「なんとか、なんとか…。まだまだ養生しないとなりませんので」としつつ、笑顔を振りまきながら会場を後にした。

 関係者によると、歌丸はこの日、午前11時ごろに退院。一度、横浜市内の自宅に戻り、会場に駆けつけた。入院中は食事も普通にとっており、リハビリのために病院内を歩くこともあり、高座復帰に向けて「正座の練習をしないといけない」と話していたという。

 今後は自宅で療養しつつ、17日に日本テレビ系「もう笑点」の収録に参加、18日には東京・シアタークリエで行われる「春風亭小朝のクリエで落語」に出演し、高座復帰する予定となっている。