ここから本文です

<無令状GPS捜査>48歳男の一部無罪確定 双方控訴せず

6/14(水) 18:55配信

毎日新聞

 裁判所の令状を取らずに全地球測位システム(GPS)発信器を使って居場所を把握する捜査が行われた事件で、覚せい剤取締法違反や窃盗罪などに問われた無職の男(48)を一部無罪とした東京地裁判決(5月30日)は、期限の13日までに検察側と弁護側の双方が控訴せず、14日午前0時で確定した。

 同判決は、無令状のGPS使用について「令状主義の精神を逸脱し、違法の程度は重大」などとして一部無罪を言い渡していた。最高裁は今年3月、令状のないGPS捜査を違法とする初判断を示している。【石山絵歩】

最終更新:6/14(水) 18:55
毎日新聞