ここから本文です

「この日を忘れないで」IDLMs.、ファンと思い出刻んだ新作リリースパーティ

6/14(水) 13:12配信

音楽ナタリー

I Don't Like Mondays.が6月7日に東京・UNITにてワンマンライブ「E.P.『SUMMER』Release Party」を開催した。

【写真】I Don't Like Mondays.(Photo by t.hosoda)(他18枚)

東京、愛知、大阪の3会場で行われたこのワンマンは、新作CD「SUMMER」のリリースを記念して行われたもの。東京公演はリリース日当日で、会場には満員となるファンが詰めかけた。

バンドは「Sorry」を1曲目に選び、軽快なサウンドでオーディエンスを歓迎する。続く「FIRE」では悠(Vo)、兆志(G)、謙二(B)の3人が楽しげにそろいのステップを踏んで観客の体を揺らした。ヘビーなロックチューン「TOKYO BROTHERS」でフロアを一層熱くさせると、MCでは悠が「今日という日を僕らは楽しみにしてきました。今日はパーティということで、自由に楽しんでほしい」とファンに呼びかけ、大きな歓声を誘った。

フロントの3人がさわやかなユニゾンを聞かせる「MEMORIES」を終えると、悠は「お待たせしました。新曲をお届けします」とひと言。ここで「SUMMER」から「Shape of love」がプレイされ、フロアからはクラップが沸き起こった。4人は続けてバンドのキラーチューン「Freaky boy」をドロップし、兆志、謙二、秋気(Dr)はそれぞれにクールなソロを披露してオーディエンスを魅了した。

中盤には甘美なラブソング「Super Special」や兆志のブルージーなギターソロが印象的なウェディングソング「Marry me」といったスウィートな楽曲が次々と届けられ、4人はそれまでのにぎやかなムードを一変させる。秋気はバンドが作品のリリース日にワンマンライブをやるのはこれが初めてだとファンに伝え「ステージに立ってみんなの顔を見た瞬間、僕らの最初のワンマンライブの光景を思い出してさ。『今日やってよかったな』と思ったし、初心を忘れちゃダメだって言われてる気がしたよ」と感慨深げに語った。

しっとりとした空気を「Tonight」で吹き飛ばすと、彼らのライブはラストスパートへ。「Don't look back」ではオーディエンスが大きなシンガロングの声を響かせ、バンドの演奏も一際熱を帯びる。会場の大きな盛り上がりに、悠は「バンドやっててよかったと思いました。みんなそれぞれにいろんなことがあると思うけど、そういうときはこうして僕らと飛んだり跳ねたりしよう!」と感激の面持ちを浮かべた。彼が「夏を一緒に迎えに行こうぜ!」と言うと「WE ARE YOUNG」のイントロが響く。メンバーと観客は一緒になって飛び跳ねながらこの曲を歌い、大きく会場を揺らした。

本編が終わると、オーディエンスは「On my way」を大合唱してバンドの再登場を待つ。この声に応じて4人はステージに戻り、悠は「すごいうれしかったけど、サッカーの試合に出る気分だった!」と大笑いした。盛況のリリースパーティは「Perfect Night」でフィナーレを迎え、彼らは最後まで熱いプレイを届ける。悠は「僕は今後つらいことがあったら、今日のことを思い出します。このメンバーで楽しんだこと、みんなも忘れないで」と呼びかけてこの日のステージを締めくくった。

I Don't Like Mondays.「E.P.『SUMMER』Release Party」
2017年6月7日 UNIT セットリスト
01. Sorry
02. FIRE
03. TOKYO BROTHERS
04. STAR DRIVE
05. SING
06. MEMORIES
07. Shape of love
08. Freaky boy
09. PRINCE
10. Super Special
11. Marry me
12. LOVE YOURSELF
13. Tonight
14. Don't look back
15. WE ARE YOUNG
16. On my way
<アンコール>
17. Perfect Night

最終更新:6/14(水) 13:12
音楽ナタリー