ここから本文です

「緊張緩和も目指す」=ロッドマン氏訪朝で顧問役

6/14(水) 14:16配信

時事通信

 【ソウル時事】米プロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手デニス・ロッドマン氏の北朝鮮訪問について、同氏の顧問役を務めている米トロイ大の北朝鮮専門家、ダニエル・ピンクストン教授は14日、「政治的な取り組みではないが、(北朝鮮との)相互理解を深め、可能であれば、国際社会との緊張緩和を図ることも目指している」と述べた。

 
 ピンクストン教授は電子メールによる取材に答え、「ロッドマン氏の訪朝は、スポーツや文化、音楽の分野で交流拡大を目的とした取り組みの一環だ」と説明。「平壌到着後、まだ連絡は取っていないが、訪問を終えた後、接触する予定だ」と語った。 

最終更新:6/14(水) 17:15
時事通信