ここから本文です

パンダの赤ちゃん、147グラム お母さんは水飲み干す

6/14(水) 17:44配信

朝日新聞デジタル

 5年ぶりにジャイアントパンダが12日に誕生した上野動物園(東京)は14日、赤ちゃんの身体検査を初めて実施したところ、体重は147グラムで、体長は14・3センチだったと明らかにした。性別は判定できなかった。便を確認し、母乳を飲んでいることも分かったことから、「順調に育っている」としている。

 園によると、来日している中国の専門家が14日早朝、赤ちゃんを抱いて座っている母親のシンシン(11歳)に近づき、赤ちゃんを保育器に移して身体検査をした。ピンク色の皮膚に白い毛がはえている状態だった。生後7日ほどで黒い部分が出てくるという。

 パンダの母親は通常、出産後の数日間は水もエサもとらず赤ちゃんを育てる。シンシンは母乳を与えていることから、園が13日昼、1リットルの水分を鍋に入れて与えたところ、一気に飲み干し、13日夜も約900ミリリットルの水分を飲んだという。(西村奈緒美)

朝日新聞社