ここから本文です

「OneDrive」にファイルをオンデマンドで利用できる機能が追加 ~Insider Previewから

6/14(水) 12:51配信

Impress Watch

 米Microsoft Corporationは13日(現地時間)、同社のオンラインストレージサービス「OneDrive」に“Files On-Demand”機能を追加したことを発表した。現在は「Windows 10 Insider Preview」の“Fast”リングに配信されているBuild 16215で利用可能で、Windows 10の次期メジャーアップデート“Fall Creators Update”に正式搭載される。

 “Files On-Demand”は、クラウドに保存されたファイルを“要求に応じて”ダウンロードする機能。ローカルストレージにはファイルの本体を保存せず、必要になった時のみダウンロードしてファイルを開けるため、ストレージの容量を節約することが可能。

 “Files On-Demand”を利用してローカルにファイル本体がない“オンデマンド状態”のファイルは、アイコンの左下に“Files On-Demand”を利用していることを示す雲型のバッジが付加され、ローカルにないファイルであることが示される。“オンデマンド状態”をダブルクリックするなどして開くと、ファイル本体がダウンロードされてアクセスできるようになる仕組み。

 また、“オンデマンド状態”からダウンロードされたファイルは、アイコンへ白地にチェックマークのバッジが付加され、以後はローカルにファイル本体が保存されるが、右クリックメニューからいつでも“オンデマンド状態”へ戻すことが可能。もちろん、常にローカルにファイル本体を保存しておくことも可能で、この場合はアイコンへ緑地にチェックマークが描かれたバッジが付加される。

窓の杜,長谷川 正太郎

最終更新:6/14(水) 12:51
Impress Watch