ここから本文です

郭李建夫氏が甲子園で始球式「現役のころを思い出せてよかった」

6/14(水) 21:18配信

東スポWeb

 元阪神投手の郭李建夫氏(48)が、「台湾デー」と銘打って行われた14日の西武戦(甲子園)の始球式に登場した。

 在籍最終年の1998年以来、19年ぶりのマウンドで見事な投球を披露した郭李氏は「最初は緊張したけど、現役のころを思い出せてよかった。光栄に思う。阪神では初めて一軍に上がって、1週間で巨人に2勝できたのがいい思い出になってる」と感慨深げ。


 現在、母国・台湾の開南大学の野球部監督と大学代表監督を務めているが、もっかセ・リーグ2位と健闘する後輩ナインに「投手力が強くなっている。僕は優勝するんじゃないかと思う」とエールを送った。

最終更新:6/14(水) 21:18
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報