ここから本文です

インパルス堤下、謝罪会見 自己判断で睡眠薬「運転中の記憶がない」

6/14(水) 18:01配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦(39)が14日未明、都内の道路で車の運転席に意識もうろうとした状態でいるところを発見され、警察の事情聴取を受けたことについて、同日午後5時から所属の吉本興業東京本社で会見。運転前には自己判断で睡眠導入剤など3種の薬を服用していたことを明かし、「(睡眠導入剤が)すぐ作用しない、大丈夫だと思った。認識が甘かった」と認識の甘さが招いた事態を謝罪した。

【写真】 頭を下げて謝罪するインパルスの堤下

 黒いスーツにネクタイ姿で登場した堤下はまず、「このたびは、私が起こしてしまった出来事により、たくさんの方にご迷惑をお掛けしまして、世間の方を騒がせてしまい、申し訳ございませんでした」と神妙な面持ちで頭を下げた。

 堤下は1カ月ほど前からアレルギーによるじんましんに悩んでおり、夜眠れないほどひどくなったことから13日に病院へ。睡眠不足も原因の一つかもしれない、と初めて睡眠導入剤を処方された。14日午前0時ごろに銭湯に行き、風呂上がりに牛乳を飲んだ際、抗アレルギー剤と一緒に導入剤をのみ、車で10分ほどの自宅に帰る途中、意識不明になった。

 医師からは、導入剤は運転前には飲まないよう指示されたが、「インターネットで調べて、そんなにすぐ作用しないと判断した。大丈夫だと思った」と話し、「自分の判断で睡眠薬を飲んでしまったのが全ての原因です。認識が甘かった」と認めた。

 運転中の記憶はほとんどなく、断片的で「曲がるはずの角を曲がり忘れて、Uターンしなきゃいけないと思っているところまでしか記憶がなく、次の記憶は警察官の方が車の窓を叩いているところだった」とした。意識が不明のまま、約2キロの道を走行していたという。途中で人身、物損といった事故を起こしてはいないとし、「反省はたくさんしているんですが対人、対物といった、僕以外のものを傷つけなかったのは不幸中の幸いだと思う」と話した。

 聴取後、警察官から、刑事罰の対象になる可能性はほぼないと伝えられたといい、今後の仕事についても「ご迷惑にならない程度に、頑張らせていただきたい」と、特に変更はなく続ける予定。

 関係者によると、堤下は東京都狛江市の世田谷通りで車線中央に車を寄せて止まっていたところを、タクシー運転手が発見し通報。ハンドルにもたれかかっており、意識もうろう状態だったため、救急搬送され、体調回復後、警視庁調布署で事情聴取を受けた。

 事務所によると、運転前に服用していたのは、眠りの質を高めるための薬「ベルソムラ20ミリグラム」1錠、熟睡できるようにする薬「レンドルミンD錠0・25ミリグラム」1錠、アレルギーを抑える薬「アレジオン錠20ミリグラム」2錠だという。