ここから本文です

文科相、加計再調査30人に拡大 任意で個人PCも

6/14(水) 7:55配信

産経新聞

 松野博一文部科学相は13日の閣議後会見で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、「総理のご意向」などと書かれた文書の再調査に関し、聞き取り対象となる職員は前回調査時の7人を含め計30人近くになると明らかにした。職員個人のパソコンについて任意で確認すると説明。結果の公表時期は明示せず、「調査が終了次第、速やかに」と述べるにとどめた。

                   ◇

 菅義偉(よしひで)官房長官は会見で、特区を担当する内閣府の再調査の必要性を否定し、山本幸三地方創生担当相も同様の考えを示した。

 松野氏によると、聞き取り調査の対象は前回調査時に実施した高等教育局長ら職員7人に加え、文書を共有したとみられるメールに名前があった20人前後。

 担当の専門教育課のほか、設置認可や特区の窓口などに関係する大学設置室▽私学行政課▽行政改革推進室-の部署の共有フォルダーを調べる。

 聞き取り対象職員のパソコンも調査するが、松野氏は「プライバシーの問題もあり、まずは任意で確認を進めたい」との方針を示した。

 再調査をめぐっては、週内に中間報告を示した後、一定の時間をかけて最終報告を出す2段階案が政府内で浮上しているが、松野氏は「現状では検討していないが、必要に応じてどういった形があり得るか考えていきたい」と述べた。

 文科省は5月19日、省内調査で「該当文書の存在を確認できなかった」と公表していた。

最終更新:6/14(水) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ