ここから本文です

<プロ野球>西武、継投で逃げ切る 岡本が2勝目

6/14(水) 21:12配信

毎日新聞

 ○西武4-2阪神●(14日、甲子園)

 西武が連敗を免れた。一回に中村の適時打で1点を先取。三回に中村の3ランで加点し、継投で逃げ切った。岡本は六回途中までを6安打2失点にまとめ2勝目。阪神は五回に犠飛などで2点差に迫ったが、その後は好機を生かせなかった。

 西武・辻監督 中村がよく打ってくれた。能見の低めの球は打たないようにチームで徹底していた。ピッチャーもよく頑張ってくれた。

 ○…西武の中村がプロ16年目にして甲子園で初の本塁打を放ち、勝利を呼び込んだ。三回2死一、二塁、2球目の外角の変化球を振り抜くと、高々と舞い上がった打球は右中間フェンスぎりぎりでスタンドに飛び込む今季14号3ランとなった。この一発で全12球団の本拠地球場で本塁打を放ったことになったが「特別な感情は無い」と淡々。一回にも先制の適時打を放ち、4打点で打線を引っ張ったスラッガーは「ピッチャーが頑張ってくれた」と感謝した。

最終更新:6/14(水) 21:56
毎日新聞