ここから本文です

3連敗中のDeNAが3点を先制 最近3試合で3得点の打線が初回に4連打

6/14(水) 18:37配信

デイリースポーツ

 「交流戦、DeNA-ロッテ」(14日、横浜スタジアム)

 DeNAが初回に先頭・桑原からの4連打などで3点を先制した。

 桑原が左線二塁打で出塁すると、田中浩がしぶとく右線に運ぶ適時二塁打で1点を先制。さらにロペスの左前適時打で加点。4番の筒香は、4試合ぶり安打となる左前打で一、三塁と好機を広げ、宮崎の遊ゴロ併殺打の間にさらに1点を奪った。

 DeNAは3連敗中でこの間の得点はわずか3点と打線が停滞していた。

 先制打の田中浩は「何とか仕事をすることだけを考えていました」とコメント。ロペスは「追い込まれていたので、最低でも進塁させることを考えていました。(二走の田中)浩康が一生懸命走ってくれたおかげです」と話した。

スポーツナビ 野球情報