ここから本文です

旧村上系提案、総会で賛成を=黒田電気株主に―米助言大手

6/14(水) 17:00配信

時事通信

 電子部品商社、黒田電気が29日に開く株主総会を前に、外国人株主に影響力を持つ米議決権行使助言大手が、経営陣と対立する旧村上ファンド系投資会社レノによる社外取締役選任の株主提案に賛成すべきだとの見解を14日までに示した。経営陣は提案に反対を表明しているが、可決される可能性も出てきた。

 レノは発行済み株式の約36%を他の株主と共同保有する事実上の筆頭株主。経営統合による企業価値向上を求め、元官僚でIT企業の社長を務めた安延申氏の社外取締役起用を提案した。

 米議決権行使助言大手インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は14日までに発行したリポートの中で「特にM&A(合併・買収)を検討する際、取締役会に新たな洞察力を与える」として安延氏起用への賛成を株主に推奨した。 

最終更新:6/14(水) 19:26
時事通信