ここから本文です

<園児2人死亡>感染症か、同じクラスの男女 川崎の幼稚園

6/14(水) 21:23配信

毎日新聞

 川崎市は14日、私立大師幼稚園(川崎区)に通う女児(4)と男児(4)が今月、相次いで死亡したと発表した。市は短期間に亡くなっていることから感染症の可能性があるとみて、国立感染症研究所とも協力して死因などを詳しく調べる。

 市によると、2人は同じクラスで、女児は6日に、男児は12日に、それぞれ自宅で体調が急変し、搬送先の市立川崎病院で死亡した。2人とも発熱の症状があり、女児には嘔吐(おうと)、男児にはけいれんの症状があったという。病院から届け出を受けた神奈川県警が12日、市に連絡した。他に体調不良を訴えた児童や教員はいないが、18日まで休園する。記者会見した市の坂元昇医務監は「大規模な感染拡大の恐れはない」としている。【太田圭介】

最終更新:6/14(水) 21:23
毎日新聞