ここから本文です

ラモス氏、イラクと引き分けた日本代表・本田圭佑へ「監督無視して…」

6/14(水) 12:39配信

スポーツ報知

 サッカー元日本代表のラモス瑠偉氏(60)が14日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜・前11時30分)に生出演し、日本代表のMF本田圭佑(31)へ「監督を無視してやって欲しい」とアドバイスを送った。

【写真】脳梗塞ラモス氏が失ったもの

 13日のロシアW杯アジア最終予選でイラクに1―1と引き分けた日本代表。試合後に本田が若い選手がハリルホジッチ監督の指示を聞きすぎているとの発言を行ったことに「自分が一番聞いているじゃん。冗談じゃない」と激怒。その上で「本田と香川が監督無視してやって欲しい。私はそう見ている。調子悪かったら出るなよ。調子悪くなかったら本田も香川もこんなもんじゃない。私信じている」とラモス氏らしい熱い口調でさらなるレベルアップを求めていた。

 試合は引き分けたが「引き分けでも良かったんじゃないかな」と評価。中でも「井手口選手があの若さで堂々にやっていたのがよかった」とW杯予選初出場を果たしたMF井手口陽介(20)を評価していた。

 一方でハリルホジッチ監督の采配は引き分けたことに「采配でやられた気がします」と後半に乾貴士(29)を起用しなかったことに疑問を投げかけていた。

最終更新:6/14(水) 15:14
スポーツ報知