ここから本文です

元阪神の郭李氏 「優勝できるんじゃないか」と古巣にエール 始球式に登場

6/14(水) 19:07配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-西武」(14日、甲子園球場)

 元阪神の郭李建夫氏が始球式を務め、ノーバウンド投球を披露した。

 郭李氏は14、15日の西武戦でイベント「台湾デー」を開催しており、甲子園の外周でトークイベントも行った。

 阪神では6年間の在籍で、甲子園の登板は在籍最終年の98年以来とのこと。

 「最初は緊張したけど、マウンドに上がると現役の時を思い出して、良かったよ」と笑顔を見せた。現在は台湾の開南大学の野球部で監督を務めているが、日本を離れても阪神のことは気にかけているという。

 「(在籍していた)当時はそんなに強くなかったけど、今は優勝できるんじゃないか。期待しています」と古巣にエールを送っていた。

スポーツナビ 野球情報