ここから本文です

ジョン・カサヴェテス作品をオールナイト上映、「こわれゆく女」など3本

6/14(水) 20:30配信

映画ナタリー

「Directed by ジョン・カサヴェテス」と題したオールナイト上映が6月17日に京都・京都みなみ会館で行われる。

【写真】「こわれゆく女」 (c)1974 Faces International Films,Inc.(他8枚)

この企画は映画作家に着目し、同一監督の作品をオールナイトで上映する「Directed by」シリーズ第1弾。このたび“インディペンデント映画の父”ことジョン・カサヴェテスの3作品がスクリーンにかけられる。ラインナップは、ジーナ・ローランズが神経症気味の妻に扮し、労働者階級家庭の愛の形が描写された「こわれゆく女」、巨額の借金を抱えた場末のクラブオーナーが事件に巻き込まれていくフィルムノワール「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」、カサヴェテスとローランズが劇中劇で夫婦役を演じた「オープニング・ナイト」。

チケットは、劇場窓口、Peatix、チケットぴあにて販売中だ。なお「Directed by」シリーズは毎月1度の開催を目処に、7月15日はジャン=リュック・ゴダール、8月19日はエリック・ロメールのオールナイト上映を予定している。詳細は劇場の公式サイトで確認してほしい。

Directed by ジョン・カサヴェテス
2017年6月17日(土)京都府 京都みなみ会館
開場 22:30 / 開映 22:45 / 終映 翌6:30(予定)
<上映作品>
「こわれゆく女」
「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」
「オープニング・ナイト」
料金:前売り券 2500円 / 当日一般 2800円 / 当日学生、会員 2500円
※18歳未満入場不可

最終更新:6/14(水) 20:30
映画ナタリー