ここから本文です

堤下 なぜ睡眠薬のんで運転?「体かゆくて眠れず、効率よく家帰って寝れる」と

6/14(水) 20:24配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦(39)が14日未明、意識もうろうとした状態で車を運転し、警察の事情聴取を受けた問題で、同日午後5時から所属の吉本興業東京本社で会見。車を運転する直前に、医師から処方された睡眠導入剤と抗アレルギー剤を服用したことを明かし、謝罪した。意識がないまま約2キロ運転したことも明らかに。大事故につながらなったことが奇跡的だった。

 14日午前2時25分ごろ、東京都狛江市の都道に停止した車の中でハンドルにもたれかかった状態で見つかるまで、何があったのか-。

 堤下は1カ月ほど前からじんましんに悩まされていたという。「服で見えないところが全部、皮膚が腫れてしまっている」状態で通院。アレルギーの薬を服用していた。しかし、症状はおさまらず、「身体がかゆくて眠れない」ほどひどくなったことから、13日、病院へ。寝不足もアレルギー、じんましんがひどくなっている一因かもしれない、とアレルギーを抑える薬と同時に、睡眠薬を初めて処方されたという。

 14日午前0時ごろ、銭湯にいき、いつものように、風呂上がりに牛乳を飲んだが、その際、処方された睡眠導入剤など3種の薬を服用した。医師からは、睡眠導入剤の服用後は運転しないよう注意されていたが、銭湯から自宅まで車で10分足らずの距離で「本当に近所だったので、このまま効率よく家帰って、ちょうど効いてきて寝れるな、と勝手に判断をしてしまった」と自己判断で運転前に服用してしまったことを告白。「薬がここまで効くとは思っていなかった」「認識が甘くなっていた」と後悔を口にした。

 堤下の記憶によると、意識が不明のまま、約2キロ走行。その間の記憶は「覚えていません」という。車には縁石にぶつかったぶつかったような形跡もあるが、「(乗り上げて)ガガガってなって、ブレーキを踏んだ認識はあるんですが、はっきり覚えてないんです」。途中で人身、物損といった事故を起こしてはいないとし、「対人、対物といった、僕以外のものを傷つけなかったのは不幸中の幸いだと思います」とも話した。

 【運転前に服用した薬】

 眠りの質を高めるための薬「ベルソムラ20ミリグラム」1錠、熟睡できるようにする薬「レンドルミンD錠0・25ミリグラム」1錠、アレルギーを抑える薬「アレジオン錠20ミリグラム」2錠。