ここから本文です

日本ハム斎藤佑、5回4失点降板 敗戦投手は免れる

6/14(水) 20:25配信

デイリースポーツ

 「交流戦、中日-日本ハム」(14日、ナゴヤドーム)

 日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が先発し、5回を4安打4失点で降板。不本意な結果となったが、打線の援護もあり、敗戦投手は免れた。

 初回が全てだった。立ち上がりは制球が甘くなり、1死満塁からゲレーロに左線への2点適時二塁打を浴び先制を許した。さらに1死二、三塁から藤井に右線へ2点適時二塁打。この回4失点も二回以降は立ち直り、五回までパーフェクト投球を披露した。

 五回でマウンドを降りたが、六回に打線が2死から5連打で一挙4点を奪い同点。「調子自体は悪くなかったんですけどね。反省は初回の入りですね。ビシエドのところを勝負しにいってフォアボールを出してしまったことと、ゲレーロに甘い球を投げてしまったことですね。六回にチームが追いついてくれたので、この勢いで逆転してくれることを信じてしっかり応援します」と振り返った。

 この日のマウンドは指名打者制のないセ・リーグ本拠地での先発で2012年以来となる打席に立ち、三回の第1打席にはプロ初四球も記録した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 6:50