ここから本文です

【日本ハム】別メニュー調整の大谷、フリー打撃で快音「問題なかった」

6/14(水) 14:03配信

スポーツ報知

 左太もも裏の肉離れで離脱中の日本ハム・大谷翔平投手(22)が14日、千葉・鎌ケ谷市内の2軍施設で別メニュー調整。フリー打撃では42スイングで柵越えはなかったものの、左中間方向へ快音を飛ばした。

 35スイング目で飛ばした打球は三塁ファウルゾーンへ。そこでは右太もも裏の張りでリハビリ中の近藤健介捕手がストレッチをしていた。防球ネットがあったとはいえ強い打球。1歳年上の打率4割男から「おいっ!」と突っ込みが入ると、大谷はイタズラっぽく笑みを浮かべた。

 フリー打撃後はショートダッシュ、軽めのキャッチボールを行った。前日に故障後初めて捕手を座らせて投球練習したばかり。報道陣から投球練習翌日の状態を問われると、「特に問題なかったです」。本田トレーナーは「肩肘は問題ない。(次回ブルペンは16日からの)次のクールで入る予定です」と話した。

最終更新:6/14(水) 14:04
スポーツ報知