ここから本文です

空き地対策で提言=暫定利用で需要創出を―国交省会議

6/14(水) 20:56配信

時事通信

 空き地の活用策を検討する国土交通省の有識者会議は14日、土地の暫定利用や集約化を推進して、新たな需要を生み出すべきだとする提言をまとめた。

 空き地は地方や大都市郊外で増えており、放置すれば国土の荒廃につながると指摘。市町村に、空き地の発生状況や所有者情報の把握に努めるよう求めた。

 空き地が増えると地区全体のイメージや活力が低下し、治安悪化や地価下落を招く恐れがある。一方で、コンテナハウスを置いて一時的なカフェや広場として活用しているケースや、土地を集約してスポーツ施設などを設ける地域も出ており、こうした取り組みを広げる必要があるとした。 

最終更新:6/14(水) 20:59
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ