ここから本文です

米共和党幹部ら銃撃され負傷=野球練習中、5人搬送―容疑者はイリノイ在住60代

6/14(水) 21:27配信

時事通信

 【ワシントン時事】米各メディアによると、首都ワシントン近郊の南部バージニア州アレクサンドリアで14日午前7時(日本時間同日午後8時)ごろ、連邦下院のスティーブ・スカリス議員(共和党)らが銃撃された。

 スカリス氏は腰を撃たれ負傷したもようだが、安定した容体と伝えられている。スカリス氏の選挙区は南部ルイジアナ州で、共和党下院ナンバー3に当たる院内幹事を務めている。

 警察によると、スカリス氏ら少なくとも5人が負傷し、病院に搬送された。ロイター通信によれば、負傷者のうち2人は警察官。ワシントン・ポスト紙(電子版)は銃撃犯について、イリノイ州ベルビルのジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)だと報じた。

 ホジキンソン容疑者は住宅診断士だったが、昨年11月に免許が失効。2006年4月には暴行と器物損壊で訴追されたことがあるという。トランプ大統領は、容疑者が警官との銃撃戦で撃たれて死亡したと明らかにした。

 現場は野球場で、スカリス氏は共和党議員らでつくる野球チームの練習中だった。目撃した議員は米メディアに、白人の男がライフル銃を持ち、50発以上を撃ったと証言した。

 CNNテレビによると、目撃者や警察は「意図的な銃撃だった」とみているが、動機などは不明。連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出した。

 トランプ氏は事件後に声明を読み上げ、「スカリス氏は友人であり、愛国者であり、闘士だ。回復するだろう」と述べた。また「この犯罪は当局が捜査している」と説明し、銃撃に対応した警官らをたたえた。トランプ氏は事件を受け、14日に予定していた労働省での行事出席を急きょ取りやめた。 

最終更新:6/15(木) 1:30
時事通信