ここから本文です

アニマル浜口、またも京子に婚活説く「出会いは必ずあるから」

6/14(水) 18:56配信

スポーツ報知

 プロレスラーでタレントのアニマル浜口(69)とレスリング女子72キロ級で五輪2大会連続銅メダルの浜口京子(39)が14日、台東区発足70周年記念トークショーに出演した。

【写真】レスリング女子の浜口京子は、母・初枝さんを軽々とお姫様だっこ

 8月で70歳になるアニマルは「みなさん、僕と台東区とは同年代なんです」と“自己紹介”。台東区出身の京子は、会場となった松坂屋上野店でショッピングもしているという。

 5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した上野動物園も台東区にある。京子は「よかったですね、見られるようになったら行きたいと思います」。一方、アニマルは「上野動物園は小さい頃、京子を連れてよく行ったんです、女房と私で、なんてったって『アニマルですから』、わはは」と笑い飛ばしながら昔話を披露した。

 そして京子が「もうすぐ父の日ですね」とアニマルに振ると、父は照れたのか「歌でも歌おうか」と「宝の山を降りてきた♪ わはは♪… ともに生きよう200歳」と熱唱。自身は200歳まで生きるというアニマルは「京子も131くらいまで生きろ」と絶叫し、独身の京子に対して「出会いは必ずあるから、ここにいるかもしれないよ」とおなじみの“婚活話”を繰り広げ、最後は得意の「気合だ10連発」で締めていた。

 ◆アニマル氏の自作応援歌

 「宝の山」 09年1月の全日本女子選手権で、08年北京五輪後に進退を保留していた京子が復帰を宣言した際に披露。当時の干支(えと)にちなみ丑(うし)を取り入れ「宝の山が降りてきた~ わっはっはっは あなたも笑えばウッシッシ」と熱唱。

 スポーツ報知HPで「気合いだ10連発!」動画を公開中!

最終更新:6/14(水) 19:25
スポーツ報知