ここから本文です

インパルス堤下、睡眠導入剤と知り服用し運転「こんなに早く効くとは」

6/14(水) 19:04配信

スポーツ報知

 14日午前2時過ぎに、都内道路で意識もうろうとした状態で車の運転席に座っているところを発見され警察に事情聴取されたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が、医師から処方された睡眠導入剤を服用した後に運転していたことが14日、関係者への取材で分かった。堤下は、睡眠導入剤と知った上で服用したという。同日夕、都内で会見する。

 関係者によると、タクシー運転手からの通報で、堤下が東京都狛江市の世田谷通り沿いに車を止め、意識もうろうとした状態でハンドルにもたれかかっているところを発見された。救急搬送され、血液検査したところ、睡眠導入剤の成分が検出された。

 堤下は同日、自宅から近いサウナに行った帰りに、医師から処方された睡眠導入剤を服用し運転した。医師からは服用後、30分から1時間で効果が出るとの説明を受けたとした上で「こんなに早く効くとは思わなかった」と話しているという。

 所属事務所によると、堤下が運転前に服用したのは、眠りの質を高めるベルソムラ20ミリ・グラム1錠、熟睡できるようにするレンドルミンD錠0・25ミリ・グラム1錠、アレルギーを抑えるアレジオン錠20ミリ・グラム2錠。

最終更新:6/14(水) 19:33
スポーツ報知