ここから本文です

西武 交流戦2位浮上!辻監督 4打点のおかわりに「よう、打ってくれた」

6/14(水) 23:14配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 西武4―2阪神(2017年6月14日 甲子園)

 西武は14日、甲子園で阪神と対戦。打っては5番・中村が14号3ランを含む2安打4打点、投げては先発・岡本が6回途中2失点で2勝目を挙げた。

 中村は、12球団の本拠地制覇となる甲子園初本塁打を放つなど、この日のチームの全打点をマーク。辻監督は「そうか。あいつ1人で4打点?へえー。よう、打ってくれた」と称えた。

 また投手陣は、2点のリードの6回1死二、三塁から岡本を救援した2番手・武隈が好投。前夜は7回に登板し2四球などで2失点した左腕だったが、この日は鳥谷を二飛、俊介を遊ゴロに仕留めて無失点でピンチを脱出。指揮官は「武隈がよかったね。大きかった」と高く評価した。7回から牧田―シュリッター―増田と勝利の方程式が、きっちり無失点継投。「本当にピッチャーが頑張ってくれていた。牧田の7回とか“よしいくぞ”って気持ちになったし、本当にピッチャー様々だったね」と辻監督は笑顔を浮かべた。

 西武はこれで6月は9勝2敗1分けと好調をキープ。交流戦は9勝4敗1分けで、2位に浮上した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 22:50