ここから本文です

【オリックス】東明、今季最短3回1失点で降板…441日ぶり白星ならず

6/14(水) 19:58配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 広島―オリックス(14日・マツダスタジアム)

 オリックスの先発・東明大貴投手(27)が、今季最短となる3回1失点で降板した。初回は三者凡退に抑えたものの、2回に先頭の鈴木に直球を中堅席に運ばれた。

 3回も、無失点でしのいだが、先頭の菊池に四球を与えるなど不安定な内容。昨年3月30日の日本ハム戦以来、441日ぶりの白星を目指したが、3回5安打1失点でマウンドを降り「3回の先頭バッターへの四球もそうですが、もっとテンポ良く投げていかなければいけませんでした」と反省した。

最終更新:6/14(水) 22:01
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 5:00