ここから本文です

エディ・ヴェダー「ポール・マッカートニーから殴られた(アクシデント)」

6/14(水) 13:30配信

BARKS

パール・ジャムのフロントマン、エディ・ヴェダーが、米国のSiriusXMで放送されたザ・ビートルズ特別番組に出演し、ポール・マッカートニーから顔面を殴られるハプニングがあったことを明かした。

◆エディ・ヴェダー ラジオ音源

ことはヴェダーがシアトルのバーでマッカートニーと同席したときに起こったそう。「彼(ポールは)どうやってその男性を殴ったか説明してた。そのとき、男を殴ったように、左手を伸ばした。そこに僕が立ってたんだよ。殴られた!」もちろん、マッカートニーはすぐにヴェダーに謝罪したそうだ。

しかし、パンチはかなり効いたようだ。「ちょっと血の味がしたのを覚えてる。俺の(顔面の)右側を直撃した。数日間、痛かった」という。

とはいえ、マッカートニーがこのアクシデントの後、話を続ける間、「ポール・マッカートニーに殴られた! 痛い(笑)」と興奮していたのも事実で、「それが消えたとき…、痛みが治まり、腫れが引いたとき、なんだか寂しかった(笑)」そうだ。

Ako Suzuki

最終更新:6/14(水) 13:30
BARKS