ここから本文です

大海原で大冒険『映画ドラえもん のび太の宝島』来年3月公開決定

6/14(水) 12:00配信

オリコン

 映画第1作目が公開された1980年から38作目となる「映画ドラえもん」シリーズ最新作のタイトルが『映画ドラえもん のび太の宝島』に決まり、来年3月に公開されることが発表された。

【場面カット】5年ぶりに新曲を発表したジャイアン

 今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は老若男女幅広く支持され、シリーズ37作目にして新シリーズ(※)最高興行収入の記録を更新中(※現声優陣で制作された、2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』以降の作品)。

 南極を舞台にした今年の作品とは、また違った大自然が舞台となる38作目。同時に解禁されたイメージ画では、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的で、海賊船らしき船も見える中、ドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫が夢と希望に満ちあふれた笑顔を見せている。これから訪れる冒険を待ちわびているようだ。

 監督は、テレビアニメ『ドラえもん』(毎週金曜 後7:00 テレビ朝日系)の演出を数多く手がけ、初の映画シリーズとなる今井一暁氏(劇場公開作品としては2作品目)。脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』などの映画プロデューサーとして知られ、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』などの原作者・小説家としても活躍している川村元気氏が担当する。

 今井監督は「『宝島』。原作者スティーヴンソンが子どもたちに話して聞かせたこの物語は、国も時代も超えて世界中の人をワクワクさせ続けてきました。果てしなく広がる水平線の向こうに一体何があるのか? しかし今、地球は子どもたちの手のひらの中で、くるくるとスクロールし、寄ったり引いたり思いのまま。『宝島』の魔法はもうすっかり消えてしまったのか? いや、形を変えて今も存在しているはず。2018年3月、どこかにある宝島を、ドラえもんとのび太くんたちと一緒に探しに来てください」とコメントをよせている。

最終更新:6/14(水) 12:00
オリコン