ここから本文です

【NBA】ファイナル敗退のレブロン、「また戻ってくる」

6/14(水) 16:45配信

ISM

 クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズは、NBAファイナル敗退後、必ずファイナルに戻ってくると誓った。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルで3連敗した後、ホームでの第4戦を137対116で制し、一矢報いた前年度王者のキャブス。しかし、敵地での第5戦では120対129で敗れ、2連覇を逃した。

 敗戦後、ウォリアーズの優勝を祝うクイーンの『We Are the Champions』が流れるなか、「オラクル・アリーナ」のロッカールームに向かうレブロン。その際、「僕らはまた戻ってくる。戻ってくるんだ」と、力強いメッセージを残した。

 昨年は1勝3敗から歴史的な逆転劇で、ウォリアーズを下して優勝を果たしたキャブスだが、今年はケビン・デュラントを加え、さらにパワーアップしたチームに選手層の違いを見せつけられ、守備の脆さも露呈した。来季も優勝がねらえるチームであることに変わりはないが、プレーオフで16勝1敗と圧倒的な強さを見せたウォリアーズには、一歩も二歩も遅れを取った。

 32歳のレブロンは、通算7度のファイナル平均が33.6得点、12リバウンド、10アシストと、衰え知らずの活躍を見せた。しかし、黄金期を築く“ウォリアーズ王朝”は今後もレブロンの前に立ちはだかりそうだ。そのライバルの今後について、同選手は「じっくり、解決策を見つける必要がある」「彼らの黄金期はしばらく続くだろう。主力のほとんどが20代で、衰える様子はない。数年間はこのままだろう」と語った。(STATS-AP)

最終更新:6/14(水) 17:16
ISM