ここから本文です

『うんドリ』今年度初の4週連続首位 女性誌で“大人版”も登場

6/15(木) 4:00配信

オリコン

 「うんこ」という言葉を全例文で使った、ユニークな内容の学習ドリル(小学1~6年生対象)として話題を呼んでいる『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル』(文響社 3月24日発売)。同シリーズの『~ 小学1年生』が週間3.1万部を売り上げ、6/19付『オリコン週間“本”ランキング』の総合部門にあたる「BOOK部門」で先週6/12付に続いて、4週連続の1位を獲得した。

【画像】『女性セブン』の付録で大人版『うんこ漢字ドリル』が登場

 昨年11月発売の『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(2016年11/21~12/12付)以来となる4週連続(5/29、6/5、12、19付)の1位。今年度では村上春樹氏『騎士団長殺し-第1部 顕れるイデア編-』(新潮社 2月24日発売)の3週連続を抜き1位最長記録となった。また、同シリーズは『~小学2年生』から『~小学6年生』も引き続き快調で、6週連続で全6作がTOP10入りを続けている。

 シリーズの好調を受け、15日発売の女性誌『女性セブン』(小学館)に“大人版”が綴じ込み付録として登場することも決定。本家同様の笑える“うんこ例文”を掲載しており、脳トレに役立つかも?

 シリーズ著者の古屋雄作氏は「作ってみると、基本的には子ども向けと同じように楽しんでやれました。今回は『女性セブン』ということで、“主婦ならでは”の情景とか共感ネタのようなものを折り込めないかとチャレンジしたつもりです」と大人版の狙いを語った。また、「やはり自分が主婦ではないので想像するのに苦労しました。女性誌にこれだけ“うんこ”という言葉を書かせてもらって、今はとても清々しい気分です(笑)」と独特の“達成感”を明かしている。

最終更新:6/15(木) 4:00
オリコン