ここから本文です

郡山西部変電所が完成 東北電、14日使用開始予定

6/14(水) 11:18配信

福島民報

 東北電力が福島県郡山市熱海町上伊豆島に整備していた郡山西部変電所が完成した。県内108カ所目の変電所で、最終試験を経て14日に使用を開始する予定。
 立地する市内西部地域では、郡山西部第二工業団地を中心に企業進出や工場増設が相次いでいる。電力需要が伸びている状況などを踏まえ、昨年9月から建設工事を進めていた。
 新型環境調和型配電用変圧器の採用によって電力損失を15%低減させ、変圧器期待寿命を従来の30年から60年に延長した。環境に配慮して変圧器絶縁油にナタネ油を使う。縮小形ガス絶縁開閉装置を使って変電所用地の省スペース化も実現した。
 13日、現地で記念式典が行われた。東北電力福島技術センターの村山智所長が「地域の電力安定供給によって地域産業発展や地域振興につながるよう、しっかり運転する」とあいさつした。品川萬里市長が祝辞を述べた。

福島民報社

最終更新:6/14(水) 14:32
福島民報