ここから本文です

フジがFIBA国際大会の放送権獲得 CSで日本戦中心に

6/14(水) 10:52配信

サンケイスポーツ

 フジテレビは14日、FIBA(国際バスケットボール連盟)の国際大会(2017~21シーズン)の放送・配信権を獲得したことを発表した。

 同局は13シーズンから「男子バスケットボールワールドカップ」「女子バスケットボール世界選手権」の世界一決定戦など、CS放送フジテレビNEXTライブ・プレミアムを中心に放送してきた。

 今回、17シーズンから大きく大会方式がリニューアルされた放送権を獲得し、20年に迫った東京五輪を目指した日本代表、そして世界の強豪国による熾烈な戦いをフジテレビONE/TWO/NEXT(CSチャンネル)で生中継を中心に放送。またONE/TWO/NEXTsmart(インターネットチャンネル)でも生配信する。

 7月からの主な大会と放送予定は「女子バスケットボールアジアカップ」(7月23~29日、インド)「バスケットボールアジアカップ」(8月8~20日、レバノン)。いずれも、NEXTで日本戦全戦を放送する。

 「ユーロバスケット」(8月31~9月17日、フィンランド、イスラエルほか各会場)は、NEXTを中心にグループステージから決勝まで厳選カードを放送する。

 昨年国内でBリーグが開幕し、初代王者に田臥勇太所属の栃木ブレックスが輝いたばかり。バスケットボール熱が上昇するなかで、東京五輪へ向けた日本代表の挑戦、世界最高峰の戦いに期待は高まる。