ここから本文です

ホームレス支援法延長 失効危機も支援団体の働きかけ奏功

6/14(水) 11:37配信

産経新聞

 路上生活者支援に向けた議員立法「ホームレス自立支援特別措置法」の改正法が14日、参院本会議で可決、成立した。特措法は8月が期限で、10年間延長する。一時は延長が危ぶまれたが、支援団体などが議員に働きかけ失効を免れた。

 特措法は平成14年に成立し、24年に5年間延長。同法は、ホームレスの仕事の確保や住宅入居への支援、生活相談・指導、実態把握のための全国調査や施策実行計画の策定など、国や自治体の責務を規定している。

 支援団体によると、特措法成立以降、自立支援施設が全国各地に設置され、ホームレスの数は年々減少。厚生労働省によると、15年に約2万5千人だったが、24年に9576人、今年の調査では5534人まで減少した。

最終更新:6/14(水) 11:37
産経新聞