ここから本文です

米バージニア州で乱射 共和党下院議員撃たれる

6/14(水) 22:32配信

産経新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成】米CNNテレビなどによると、南部バージニア州アレクサンドリアで14日早朝、男が突然銃を乱射し、スティーブ・スカリス下院議員(51)と議会スタッフ、議会警察の警官2人が撃たれた。アレクサンドリアの警察当局は「容疑者は拘束された」とツイッターで明らかにした。他にも撃たれた者がいるもよう。警察によると、現場から5人が病院に搬送された。

 現場は運動場で、事件当時、共和党の議員らでつくる野球チームが15日の民主党チームとのチャリティー対抗試合に向けて早朝練習を行っていた。当時、20~30人の議員が練習に参加していたという。

 スカリス氏の事務所によると、同氏は腰の部分を撃たれた。病院で治療を受け、「容体は安定している」としている。練習に参加していたモー・ブルックス下院議員が電話でCNNに語ったところでは、スカリス氏は事件当時、2塁ベース付近に立っていた。

 ブルックス氏によると、容疑者は白人男性とみられ、銃撃の直前に3塁側ダッグアウトの裏に隠れていた。男はグラウンドに出て、練習をしていた議員やスタッフらに向けて数十発を発砲。犯行に使われた武器は「半自動式のライフルのようだった」としている。

 スカリス氏は南部ルイジアナ州出身で、共和党ナンバー3の下院院内幹事を務めている。米連邦議員が銃撃されるのは、2011年にアリゾナ州でガブリエル・ギフォーズ議員が乱射犯に頭を撃たれて重傷を負って以来。

 トランプ大統領は14日、「事態を注視している。悲劇に深く悲しんでいる」とする声明を発表した。

最終更新:6/15(木) 0:27
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ