ここから本文です

日本ハム・佑ちゃん、5回4失点で無念の降板 一回に中日打線の猛攻受ける

6/14(水) 20:06配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、中日-日本ハム、2回戦、14日、ナゴヤD)日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が今季4度目の先発登板に臨んだが、5回4安打4失点で降板した。一回、竜打線につかまった。一死満塁とピンチを招くと、ゲレーロが右翼線二塁打で2点を先制。なおも二、三塁から藤井に右翼線二塁打を浴び、4点を奪われた。

 それでも二回以降、斎藤は立ち直り、五回まで1人の走者も許さなかった。しかし1-4の六回、打席が回ってきた斎藤に栗山監督は代打・杉谷を送ったため無念の降板。5月31日のDeNA戦(札幌D)以来の白星とはならなかったが、この回、日本ハムは中田の2点二塁打などで同点に追いついた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 15:25