ここから本文です

海光電業、中国地区電線流通の宮崎商店と業務提携

6/14(水) 6:02配信

鉄鋼新聞

 大手電線流通の海光電業(本社・東京都渋谷区)は中国地方に事業基盤を有する電線流通である宮崎商店(本社・岡山市南区)と業務提携し、このほど岡山市と広島市に営業拠点を設けた。宮崎商店の本社と広島の営業拠点内に海光電業の営業所を開設。営業などの人員を配置した。全国的に拠点網を充実させ、既存顧客である大手・中堅電気工事業者の展開をきめ細かくフォローすることが狙い。

 海光電業として中国地方への営業拠点は初。今回の業務提携による岡山営業所と広島営業所の開設で、同社の営業網は東北から九州までを網羅する全11拠店体制となる。中国地方の需要はこれまで大阪からの営業でカバーしていたが、より効率的な拡販体制が整う。
 宮崎商店では本社に約1300平方メートルの倉庫を有しており、車で約1時間の立地にある香川県高松市の海光電業の四国営業所とのシナジーにも期待。四国営業所が販売する電線を岡山から出荷することで、納期対応力の強化にもつながる。今後は海光電業が扱う一部電線を宮崎商店の倉庫に保管する予定。
 現在、海光電業では岡山と広島に営業を担当する社員を1人ずつ派遣しているが、今後は増員を進める方針。両支店の販売目標はそれぞれ1年目が3千万円で、3年目には5千万円となっている。同社の神山欣也社長は「現在全国的に市場は軟調だが、将来に向けて期待を持っている」と話している。
 岡山営業所の住所は岡山市南区豊成2丁目10番30号、広島営業所は広島市南区東雲2丁目10番6号。

最終更新:6/14(水) 6:02
鉄鋼新聞