ここから本文です

「食べる国宝」出産ラッシュ マンガリッツァ豚 十勝ヒルズで繁殖成功 北海道幕別町

6/14(水) 14:11配信

十勝毎日新聞 電子版

 観光ガーデンの十勝ヒルズ(幕別町日新13、茂呂昭生総支配人)で、原産国ハンガリーで「食べる国宝」とされるマンガリッツァ豚の繁殖に成功し、出産ラッシュを迎えている。

 十勝ヒルズは雑穀卸の丸勝(帯広、梶原雅仁社長)が運営。昨年7月にオランダからアジアで初めて繁殖用の母豚と種豚計25匹を生体輸入し、飼育している。

 輸入時に妊娠していた母豚が昨夏に出産したが、今回生まれたのは1月に町内で自然交配したもの。

 5月から今月13日までに3匹の母豚がそれぞれ9匹、4匹、3匹の計16匹を出産。6月中に、計9匹の母豚が60匹程度を産む予定だ。

 出産した3匹は、「ブロンド」「レッド」「スワローベリー」の毛色などが異なる3系統。子豚は初めて肉用として肥育し、来年夏ごろに出荷する。

 生産した肉は園内のレストランで提供する他、首都圏の飲食店にも販売する。

 子豚は園内で一般公開している。丸勝の梶原一生専務は「かわいい子豚の時期はこの1カ月程度なので見に来てほしい。十勝の新しい食の魅力、観光資源として育てていきたい」と話している。(眞尾敦)

十勝毎日新聞