ここから本文です

音楽の魅力伝える 在日フランス公使、相馬でピアノコンサート

6/14(水) 9:09配信

福島民友新聞

 在日フランス大使館経済公使でピアニスト・オルガニストとしても活動するピエール・ムルルバさんのピアノコンサートは13日までに、相馬市のLVMH子どもアート・メゾンで開かれ、訪れた子どもたちが、感情や情景を表現できる音楽の魅力に親しんだ。

 同大使館、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンジャパン、相馬市、afumi ink.の協力で開催。

 ムルルバさんは初めにショパンの曲を披露し、来場者に「音楽の感じ方は人により異なるが、愛情の歌として、心の温かさを伝えようと弾いた」と説明した。

 弾く時の力の入れ方で変わる音の強弱やペダルの踏み方で変わる響きなどをピアノを弾きながら解説し、音楽で多彩な表現ができることを児童に伝えた。

福島民友新聞

最終更新:6/14(水) 9:09
福島民友新聞