ここから本文です

キース・リチャーズの元恋人、アニタ・パレンバーグが逝去

6/14(水) 21:50配信

ELLEgirl

ローリング・ストーンのギタリスト、キース・リチャーズの恋人として一躍有名になり、“ストーンズの女”と称されたアニタ・パレンバーグが2017年6月13日(現地時間)に永眠した。73歳だった。死因はまだ明らかになっていない。

【写真】ローリング・ストーンを翻弄した魔性の女、アニタ・パレンバーグの60s&70sファッション列伝

ドイツ系イタリア人のアニタは、キースと12年間に渡って交際。2人の間には息子マーロン・レオン・サンディープ、娘アンジェラ、生後2カ月にして乳幼児突然死症候群で亡くなった息子のタラ・ジョジョ・ガニーの3人の子どもをもうけている。この訃報に彼女の親しい友人で女優のステラ・シュナーベルは、「あなたほどの女性とは2度と出会わないわ、アニタ」とインスタグラムに追悼メッセージを発表。

1960年代からモデルや女優として活躍していたアニタは、1965年にミュンヘンで開催されたローリング・ストーンズのコンサートで、当時のギタリスト、ブライアン・ジョーンズと知り合い、交際をスタート。

その後ミック・ジャガー主演の映画『パフォーマンス』に出演して熱愛の噂もあったけれど、1967年にブライアンと別れた後はキース・リチャーズとカップルに。アニタとキースは12年間交際し、結婚はしなかったが、事実婚と言われていた。

映画『パフォーマンス』以外にも、1968年のジェーン・フォンダ主演映画『バーバレラ』や、マーロン・ブランドも出演した1968年の映画『キャンディ』で女優としての才能を発揮。また2001年には、同じく“ストーンズの女”として名を馳せたミック・ジャガーの元恋人マリアンヌ・フェイスフルと共に、イギリスの大人気シットコム『アブソリュートリー・ファビラス』に揃ってゲスト出演した。

あのケイト・モスも慕った激動の時代を駆け抜けたファッションアイコン。どうか安らかな眠りをお祈りしたい。
(Translation: Reiko Kuwabara)

最終更新:6/14(水) 21:50
ELLEgirl