ここから本文です

「食べログ」有名レビュアー“過剰接待”報道の影響は

6/14(水) 11:30配信

ホウドウキョク

ご飯を食べにいく際のお店選びに口コミグルメサイト「食べログ」を利用される方は多いのではないでしょうか。その食べログの有名レビュアーとして知られている「うどんが主食」さんが、自ら高評価をつけているレストランのオーナーから過剰接待を受けていると週刊文春が報じました。週刊文春の報道によると、その「うどんが主食」さんが食べログで4.8点の高得点をつけ絶賛していたお店のオーナーと銀座のクラブで豪遊するなどの接待を受けていたということです。

6月12日放送の「「ホウドウキョク×FLAG7」を動画で見る

食べログのガイドラインでは、「お店から無料招待を受けて飲食した際の口コミ(NG)」と書かれており、こうした通常利用でない場合は「通常利用外口コミ」にチェックを入れるよう促されていますが、「うどんが主食」さんの書き込みにはこのような表記もなかったということです。

「うどんが主食」さんは、元々は一般の食べログレビュアーだったのですが投稿したレビューからその食通ぶりが知られて有名レビュアーとなりました。「うどんが主食」さんが高評価のレビューを書いたお店にはお客さんが殺到すると話題になり、最近ではテレビ出演や本を出版。今月にはプロデュースしたカップ麺が発売するなど活躍の場を広げていました。

食べログの点数は単純な平均ではなく、初めて投稿したユーザーの評価は点数にまったく反映されませんが、書き込みが多く影響度の高いユーザーの評価は点数に大きく反映されます。今回、影響力の大きいレビュアーの騒動ということで口コミサイトの信用性が疑われる事態となっています。

食べログの点数信用してる?

速水健朗
問題は、これを見て「食べログやっぱり信用できない」とみんな思うのか。「このお店予約しました。ここ集合で」っていうときに何のURLを送るかっていうと食べログですよね。僕はそういう意味では使っています。

だけど、1回自分の行きつけの大好きなお店10店舗を、食べログと自分の評価を突き合わせてみたことがあって、自分の一番いいと思っている店の点数が低かったりしたので点数自体は信用できないなと思っていた。今回の問題が起こったから食べログ見るのやめようとはならない、最初から信用してなかった。

沼田健彦(GREEN FUNDING byT-SITE代表)
見ますね。見て自分が行くかどうかよりも、例えば接待というか会合の際に、お店をこっちでとって食べログのURL送るときに「低い点数の店とったな」と思われないかなと。僕自身は気にしてないですけど、先方が気にする派だったらちょっと。あと嫌なのは価格帯が高い店の方が高い点が出やすいってよく言うんですけど、価格が高けりゃ点数が高いっていうのはどうなんだろうとは思う。

速水
僕も同感で、一番最悪なのが値段が高くてダメな店、一番知りたいのは安くて内容がいい店。今食べログでわかるのは高くておいしい店か、安くて普通の店でしかなくてその指標にはなってない。

沼田
今、若い女性はインスタグラムでお店を調べてハッシュタグで引っかかったらどうコメントしているか、量よりもセンスがよさそうな人がおいしいって言ってたらいいんじゃないかという調べ方。

速水
影響力がある人に接待とかが集まってしまう構造に問題があるということで今回批判されたんだけど、それを戻して平等にすると今度はステマ、業者が点数あげるための目的で人を雇って高得点を付けさせるということが横行するというジレンマがある。

たぶん技術的な過渡期で、もっと精度を高くするためには自分と同じような趣味をもっている人がどんなスコアリングしているか、というのをAIが選別したうえでパーソナライズが進めばこういうことに左右されないようなものが今後できるんじゃないかと思います。

1/2ページ

最終更新:6/14(水) 11:30
ホウドウキョク